医院理念

私たちは「患者さんの味方日本一」を目指しています。

 WHOによると日本の医療制度は世界一と評価されています。
ただこれは医療の話であり、歯科医療の話ではありません。オプジーボという薬は平成30年に1年分1人あたり2,500万円(今でも1,100万円)保険で認められました。歯科で最も高い前歯のさし歯は3万円程です。入れ歯はできてもインプラントは保険でできません。つまり医療制度と歯科医療制度は全く違うものなのです。
この違いにピンとこられてない方が、患者さんに多いのです。
この点を当院では強調して説明しています。
「ここが不幸の始まり!」だと思うからです。
医療人と違って歯科医療人は難しい立場です。
それは保険がきかない分野が多すぎるからです。
そんな中でひがし歯科スタッフは患者さんに対する想いが強く、「患者さんを健康に幸福に!」と願いながらいつも行動しています。
患者さんのきっと99%の方には満足していただけると思っています。
「総合歯科を目指しています」
歯科という狭い分野なのにそれを細分化する事で、他分野ができない勉強しない先生の免罪符として昔から使われています。
矯正はわかない。親知らずは抜けない。
インプラントもやらない。かといって専門医に紹介はしない。中学校、高校の学年1番を思い出して下さい。すべての課目できたはず。
私は歯科開業医の1番を目指しています。
(ここだけの話、私は中学校1学年11クラス550人中、卒業テストは1番でした)
すべての分野を総合して、その方に一番あった治療をしてあげたいと思い、毎日実行しています。
モバイルサイト
img_qr.gif
ひがし歯科医院のサイトを携帯電話からでもご覧いただけます。

しあわせブログ。