医院特色

 本来、日本人はおもてなしの心をもち、気配りがゆきとどき思いやりにあふれた国民だと思います。でもいつのまにかグローバル化により、それらを忘れた、せちがない風潮が広まっています。
 医療の一分野であるはずの歯科界については以前から私はオカシイ!と考えています。「保険でも最低限の事・普通の事ができるようになってほしい」と考えていますが、ほとんど改善されません。(平成24年は、26年ぶりにほんの少しだけ改善されました。関係者のみなさんありがとうございました。)改善される予定もありません。困ったものです。

ひがし歯科の3つの特色

不十分な保険制度の下、ベストを尽くしていること
保険の適用範囲内でベストをつくす、ということをいっている訳ではありません。どうしても良心的に十分な治療を行おうとすると、保険のワクを越えます。
混合治療禁止の原則もあり、当院ではそれを全額無料で行っていたりします。だれかが泥をかぶらないと良心的な治療を行う事はできないからです。大赤字ですけど。
自費治療は高品質でかつお得であること
ひがし歯科では保険治療であっても手間をおしみません。
ただもし治療法が5つあるとすると、保険がきくのは最も安い5番目のもので、いい治療をというものは残念ながら必ず自費です。
大抵のことは保険でできる医科(内科、外科…)とは全く違うということに
気がついてない方が今でもほとんどです。実態をご理解下さい。
ひがし歯科は「自費治療比較表」のように高い品質を保ちながら、もっともリーズナブルないわゆる“お得”な価格にしています。他院の35万円のインプラントとひがし歯科の25万円のインプラントはどう違うのかという質問をよくうけます。こうお応えしています。

「当院のインプラントは、CTをもとに綿密に事前にシュミレーションし、かつサージカルガイドというものを使って仕上げています。」手術時間も短く、痛みも軽く、なおりもよく、インプラントのその後ゆるみなどのトラブルもありません。経験豊かな歯科医師が行う最高レベルのインプラントです。
にもかかわらず。1本につき5〜10万円安いのは、医療従事者としてお金のあるなしで、いい医療を提供するしないを決めていいのかという迷いがあり、せめて最もお得な価格にしているからです。つまり患者さんに対する“医療人としての想い”です。」と。
すべての自費治療において「お得な価格」にしています。
すべてを扱う総合歯科医院であること
ひがし歯科は、歯科のほぼすべてを扱っているめずらしい歯科医院です。しかもそれらは、ひがし歯科の理念に基づいて、「患者さんの一番の味方」たるシステムになっています。私たちは患者さんの一生にかかわろうと思っています。健康にし、幸福にしようと思っています。
今だけでなく未来も含め一生です。そのために歯科のすべてのものを駆使し、ベストのものを日々追求しています。
ためしに、他院ではやってくれないようなリクエストをしてみて下さい。ひがし歯科では
「ハイ」としかいいませんから。すべて、人に対する“想い”の違いだと思います。
モバイルサイト
img_qr.gif
ひがし歯科医院のサイトを携帯電話からでもご覧いただけます。

しあわせブログ。