診療案内

親知らず抜歯

当院は親知らずの抜歯に関して、経験と工夫があります。

 皆さんは、ご自身の親知らずがどのように生えているかご存知ですか?
親知らずがいろんな害を及ぼす事をご存知ですか?
そして、一部の歯科医院でしか親知らずの処置をしてくれないという怖い事実をご存知ですか。


親知らずの基礎知識
 親知らずとは前歯から数えて8番目の歯です。歯科業界では「8番」といいます。4本あります。
 ちなみに、一本手前の歯は「7番」といいます。
人類が軟食となり、歯が摩耗しにくくなったことで、ほとんどの方はの親知らずは、
ちゃんと生えなくなっています。
斜め向きとか横向きである事が多く、そうすると3つの害を及ぼします。


親知らずが及ぼす3つの害
摩耗を補うため、歯は頭が向いている方向に進んでいこうとします。
7番の方向に向いていると7番に食い込んでいき、側面に穴をあけダメにします。
また、7番の方向に向いていると、7番を押し前方にズラします。
そうすると今度は7番が6番を押し、6番が5番を押し……
というようにして、結果的に、下の前歯の歯並びが悪くなります。
下の前歯の歯並びが悪くなると、上の前歯の歯並びも悪くなります。
なお、歯は前にはズレますが、後ろには動きませんので、原因の親知らずを抜いたところで、
おかしくなった歯並びは、もう元には戻りません。
親知らずの一部が歯肉から出ている場合は、
炎症がおこり腫れたり痛んだりする時もあります。

何が怖いのか
 手間がかかるという理由で、処置が必要な沢山の親知らずが放置されていることが「怖い」のです。
特に1、2の場合はひどくならないと症状が出ませんし、ひどくなった時は手遅れです。
手間がかかる割には評価が低すぎることもあり、9割の歯科医院では抜いてくれず説明さえ行われない場合もあります。
しかも実は抜いてくれないのではなく、9割の歯科医には抜けないという恐い現実をご理解ください。
できない人に頼んでも無理です。プロとしてスキルアップに努めるのが当たり前だと私は思うのですが。


親知らずに対するひがし歯科の処置法
1、2、3とも抜歯しかありませんね。
1、2の場合、患者さんには自覚症状がないわけですけど、だからこそ、患者さんが将来困らないよう、
健康を維持できるよう、幸福な人生がおくれるように、詳しく説明後、なるべく抜歯させていただいています。
こういう歯科医院は稀ですね。
ひがし歯科は親知らずの抜歯に関して、普通の歯科医院の何百倍もの経験と工夫があります。
全国の歯科医院を指導する立場にあります。症例を積み重ねてきたことで、
手術時間も短くなり、痛みが出るようなことも少なくなっています。
安心してお任せください。
モバイルサイト
img_qr.gif
ひがし歯科医院のサイトを携帯電話からでもご覧いただけます。

しあわせブログ。