診療案内

ホワイトニング

美しい笑顔を簡単に手に入れることができます。

 歯を白くするための全ての処置を広い意味でホワイトニングといいます。それらのうち、歯の漂白はブリーチングといいます。ブリーチングには、家で行う「ホームブリーチング」と医院で行う「オフィスブリーチング」があります。
当院のホワイトニングは、最新のシステムで“白く”なります!しかもリーズナブルな価格!「オフィスブリーチング」なら、明日の結婚式、お見合い、初デートetcに間に合います!


ホワイトニングとブリーチング
 もともとは、「ホワイトニング」というのは、歯を白くするすべての治療を含みます。
その中で薬剤を使って歯を白くすることを「ブリーチング」と言っていましたが、現在は混同して使われています。
つまり「(狭義の)ホワイトニング」=「ブリーチング」と考えて下さい。

ホワイトニングの長所
 歯を削ってかぶせたりせずに、白くできることが、最大の長所です。
削ってセラミック冠をかぶせたりすることに比べると、歯にもダメージを与えないし、費用も安くできるし、将来冠がはずれたりすることもありません。
※セラミックで上下12本色をかえると、歯も傷つけるうえに最低84万円はかかります。

ホワイトニングの短所
 くすりを作用させている時に、「しみる」可能性があります。
しかし、これは、知覚過敏用のハミガキでおさまります。
保険はききません。3万〜10万円が相場です。

ホワイトニングの種類
 家で行われる「ホーム」と医院で行われる「オフィス」に大別されます。

ホームホワイトニング
「効果が5年以上続くこと」・「かなりキレイに白くなること」が特長です。ホワイトニングの主流で、アメリカではほとんどホームです。(同系色2ランク白くなる程度です:例A3→A1)
ただし長時間(2〜8時間)×長期間(2〜4週)口の中にトレーを入れて、薬剤を作用させます。

オフィスホワイトニング
かんたんに最低限の時間と最低限の努力で白くすることが可能です。約60分で終わります。
ただし、白さはある程度(同系色1ランク白くなる程度:例A3→A2)で効果のある期間もある程度だと思って下さい。
イベントなどがあり、直前に急いで行う場合に適しています。

ひがし歯科の超お得なホワイトニング
 あなたは、一時的に歯が白くなればいいですか?それともズーっと白さを保てるほうがいいですか?
東京で行われているようにオフィスホワイトニングで6ヶ月ごとに7万円支払うなんて、モッタイなくないですか?

 ひがし歯科では、なるべくお得に、白さをズーっと維持できるように価格を見直しました。ズバリ2年目からのあなたの負担は14万円ではなく3,000円(税別)です。センセーショナルでしょう!
長い人生、お得なものでなければモッタイないと思います。

  • 1年目の負担は30,000円(税別)です。
  • この中にカスタムトレー×2、薬剤×3、専用歯磨きなど一式が含まれています。
  • 2年目からの負担は、薬剤代として3000円(税別)です。
  • その後の虫歯の治療などで、カスタムトレーの作り直しが必要となった場合もたったの3,000円(税別) で作り直します。
  • あまりおすすめではないですが、オフィスホワイトニングも15,000円(税別)で行っています。

その他の注意事項
  • ホワイトニングの結果については個人差があります。
  • 歯質が悪いものは、白くはなりにくいです。
  • かぶせてあるもの、つめてあるものは白くなりません。
  • 術前にある程度の事は、わかりますので、診察時に説明します。
モバイルサイト
img_qr.gif
ひがし歯科医院のサイトを携帯電話からでもご覧いただけます。

しあわせブログ。