診療案内

矯正歯科

最新のシステムでますます簡単に。

成人矯正について
 最新のシステムを用いる事で、ますます簡単に、早く歯が動くようになりました。歯を抜かないやり方で1年。歯を抜くやり方でも、2年が標準です。セラミックブラケットとホワイトワイヤーで、見栄えもよく、目立ちません。費用も低価格です。

当院自費価格
矯正60~68万円

ひがし歯科の新矯正システム


子どもの矯正について
 最新の「マルチファミリー」「プレオルソ」を扱っています。これは優れものです。
反対咬合には、3歳から使えるムーシールドがお勧めです。
当院自費価格
マルチファミリー
ムーシールド
プレオルソ
5万円
急速拡大装置
バイヘリカル
10万円

自費治療価格について




小児矯正Ⅰ(マルチファミリー 5才~12才)

始めに
人間が土器と火を使うようになって、軟食となり、虫歯、歯周病、不正咬合の三大疾患が発生するようになりました。日本食は柔らかく、50%の日本人は重度の不正咬合です。
鼻の疾患(アデノイド、鼻炎、上顎洞炎、鼻ポリープ)などで上顎骨は成長不全になります。
鼻を治療したり、口呼吸を改善すると上顎骨を拡大、成長させることが可能です。
マルチファミリーとは
マルチファミリーはフランス発祥の筋機能矯正装置で、日本では2010年から使用されています。
材質 シリコン(Multi Tのみ硬め)
適応症 ●Ⅰ級の叢生 ●Ⅱ級1類の叢生 ●ディープバイト ●Ⅱ級1類
禁忌症 ●Ⅲ級(→かわりにムーシールドで治療を行います) ●歯間空隙3mm以上
●切端咬合からの下顎前方運動が3mm未満 ●過剰歯、埋伏歯 ●正中離開
●先天性歯欠損 ●シビアブレーキー(過蓋咬合を伴う極端顔系) ●クロスバイト
注意 ●Multi Sは、やわらかいシリコンのため、歯牙のコントロールが著しく必要な症例には不適切です。
●積極的な拡大作用はないので、症例によってはクワドへリックスなどで事前にアーチを広げる必要があります。
●Ⅱ期治療が必要になる場合があります。
お手入れ 洗浄には「リテーナーシャイン」を使用
つぎたしには「オドントシル」を使用
研磨には「バイオトームトリマー」「OSAMUポリッシャー(グレー)」を使用
マルチファミリーの種類と適応症

この装置は柔らかいシリコンで出来ています。お口にフィットし、歯や歯茎などに優しい力をかけることで、歯並びを整えていきます。そして、あなたの舌や唇を正しい位置に誘導し、それらの機能を改善します。又、鼻呼吸が出来るようになり、いびきも止まります。

下顎の叢生 ディープ
バイト
オープン
バイト
Ⅰ級 Ⅱ級 舌癖など
Multi-S -
Multi-T
Multi-P -
Multi-TB 矯正治療注のブラケットをつけた状態で使用します。

◯…向いている   △…軽度の症例であれば向いている

Multi S(マルチ スタート)
目的:前歯の萌出誘導
対象年齢:5〜8才
  • 前歯の歯根尖が未完の場合
  • 嚥下障害や指しゃぶり、舌突出、鼻呼吸障害
  • 柔らかいシリコンなので、重度のディープバイトには使えません
Multi T(マルチトレーナー)
対象年齢:6歳〜10歳(混合歯列期:6番萌出後)
特徴:硬いシリコンを使用しているため、前歯部を圧下させる作用があります
  • ディープバイトの患者さん
  • 下顎叢生・Ⅱ級改善
  • 叢生の改善(乳歯4~5mm、永久歯2~3mm)
  • 嚥下障害、指しゃぶり、舌突出、鼻呼吸障害
  • ブラキオフェイシャルの叢生
Multi P(マルチ パーパス)
対象年齢:9〜13才
混合歯列期:下顎犬歯もしくは上顎第一大臼歯が生えかわった頃
使用目的:前歯部と小臼歯の萌出誘導
  • Ⅱ級の改善
  • 舌の挙上
  • 舌癖是正
破損について
  • 強い噛みしめ、歯ぎしりで破損する事があります
  • 2回以上破損した場合は、装置の使用を中止します
マルチファミリーの使い方
  • 日中4時間程度(かみしみトレーニング30分以上)+就寝時合わせて15時間の使用が理想
  • 通常は12〜18ヶ月が治療期間です。
  • この装置は毎日装着して下さい
  • 学校(幼稚園)から帰ってきたらこの装置をはめ、食事中以外は朝まで装着して下さい
  • リテーナー洗浄剤「リテーナーシャイン」を30分ご使用下さい
  • サイズ:叢生には1~2サイズ大きく、正中離開には1サイズ小さくします
  • 色:透明色から、使うと乳白色になります
  • もし痛みがあれば、削合したり、つぎたしたりします

  • 1日目「装着して数分様子をみる」
    (開口時に飛び出さないか 呼吸できるか つば飲み込めるか)
  • 1ヶ月目日中のみ装着し、夜はつけません
    口を閉じましょう
    つける時間を4時間選んでください(TV、ゲーム、読書、宿題)
  • 2ヶ月目「夜間も装着しよう」「装置が口の中に入ったままで朝起床しよう」
    夜は「フリーズライト」を使う必要があるかもしれません。寝ている間に装着が外れてしまうことがありますが、だんだんと歯並びがそろってくると装置は外れにくくなってきます。はずれるようなら口にテープしましょう。
  • 3ヶ月目「鼻で呼吸しよう」
  • 4ヶ月目「舌を口蓋につけよう」※上顎が発達すると鼻腔も拡大します。
  • 12〜18ヶ月で終了
    マルチファミリーが終わったら、その後アクティブトレーニングを行います。
    (ボトルの水を少し含み、長い間口に留め、飲み込む。これを20回繰り返します。
    飲み込む時に舌の位置が口蓋につくのを意識します)



小児矯正Ⅱ(反対咬合の早期初期治療「ムーシールド」 3才~)

早期初期治療の歴史

反対咬合の日本人の発症率は 4%。女児にやや多い。3歳で診断される。以前は、


  1. 自然治癒する事がある(ただし、治るのは6%のみ)
  2. 早期治療を行っても再発症する可能性がある
  3. 低年齢児にふさわしい治療法がなかった

以上、1〜3の理由で、13歳頃まで放置されることが多かった。しかし、2004年『ムーシールド』というマウスピースでの治療法が日本で生み出された。それからは「まず乳歯列の逆被蓋を改善して様子をみましょう」という時代になった。 逆被蓋は下顎の成長を促進し上顎の成長を抑制するので、乳歯の反対咬合は予防矯正を行うべき である。
「将来の不正咬合を予防したり、永久歯咬合になってからの矯正治療を容易にすることが出来る」


自然治癒する場合としない場合

自然治癒するかもしれない場合

  • 逆被蓋の歯数が4歯以内
  • 強制下顎後退(患児のオトガイを後方に押すと顎位が容易に後退し、ほぼ正常な咬合位)が得られる
  • 近親者に反対咬合者がいない
⇒経過観察 or 治療開始

自然治癒しない場合

  • 下顎6前歯が逆被蓋
  • 下顎の強制後退が出来ない
  • 被蓋が深い(ただし治療後の安定いい)・マイナスのオーバージェットが大きい
  • 近親者に反対咬合者がいる
⇒ただちに治療開始する

難易度判定
  易しい 難しい
バイト 深い 浅い
ターミナルプレーン 垂直型 近心位型
遺伝 なし あり

原因と治療

歯は、舌圧と口唇圧、又は舌圧と頬圧の調和がとれたところに歯は並ぶ。
調和が乱れると、不正咬合となる。
反対咬合の場合、上口唇の圧力が高く、その圧に対するべき舌が口蓋にない。低位舌として低位に あるからである。正常咬合者の舌は嚥下の度に挙上され、口蓋に圧接されるが、反対咬合者は低位 舌であり、下顎歯列に触れ、下顎を前進させる。


オーラルシールドに求められること
  1. 強い上口唇圧を排除するシールト
  2. オトガイ部に過緊張を与え、筋肉を鍛える
    (嚥下の度に口唇を閉鎖し、筋機能訓練が自動的に行われる。梅干しになる)
  3. 低位舌を改善するために、ガイドエリア上に舌を入れる。反対咬合の治療は、強い上口唇圧を弱め、弱い下口唇圧を強め、緊張しないオトガイに過緊張を与え、咬合平面を反時計回りに平坦化する。

ムーシールド

アメリカより全世界に販売されており、材質は医療用アクリルのポリメタクリン酸メチル。
サイズは2サイズある。

  • 〜乳歯完成期用-Sサイズ(3〜6歳用)
  • 全ての6歯萌出~-Mサイズ(6〜13歳用)

※下顎最後臼歯を適切に覆う事が出来る大きさに調整する

※保護者が叢生の場合、ほぼ叢生になるが、ムーシールドは叢生を治す装置ではない。
 叢生を伴う反対咬合は、必ず次の治療、叢生治療が必要である。


ムーシールドの使用法
  • 夜間就寝時に使用する。昼は5〜10分入れる。子どもが使えたら、親も褒めること。
  • 舌は「中に入れてね」と説明。口唇閉鎖し、オトガイに緊張を与える。(触れてもらい、鏡で見てもらい、確認してもらう。筋トレ)
  • 上顎前歯唇側はフレアアウトする。その時は、あたらないように内面を調整する。
  • 再発の可能性はある。早期初期治療は、将来の正常咬合を保証するものではない。「被蓋を改善して様子見ですね!」
    とりあえず、成長が止まるまで使用するか、途中で中止し、様子を見るかのどちらか。

○乳歯時期に早期初期治療
△永久歯が萌出してから早期治療
×成長が止まって、外科手術


○△×のどれがいいか?
※なお、成人には無効。下顎前歯部に、叢生が生じることもある。




ひがし歯科では
最高品質の矯正器具を使用し
矯正後の観察料・後戻りを防ぐ保定装置が実質無料なども含め
リーズナブルな費用で矯正が出来ます‼

もし検査で虫歯が見つかっても治療が同時に出来るのは総合歯科だからこそ‼

矯正の指定曜日などもありません!
まずは矯正の無料相談にお気軽にご予約されてご来院下さい。

院長・スタッフ一同あなたをお待ちしてます。

モバイルサイト
img_qr.gif
ひがし歯科医院のサイトを携帯電話からでもご覧いただけます。

しあわせブログ。